少しのきっかけで肌トラブルを起こしやすい敏感肌。日頃のスキンケアにも注意が必要で、これが結構大変なんですよね…。
本当はいろんなコスメだって試したいし、肌トラブルゼロを目指したい!
そんな敏感肌に悩む管理人ことわたしが、敏感肌を改善する方法を調べてこのサイトを作りました。
敏感肌にあうおすすめのコスメも写真付でレポートしているので除いてくださいね♪


【オススメ】管理人が選らんだ敏感肌に効くコスメはコレ!

ナチュラルエレメンツ モイストクリームソープ ミネラルクレイより抽出した皮脂吸着・毛穴対策の有効成分アロフェンのほか、洗顔後の保湿効果に優れた吸着型ヒアルロン酸、納豆のネバネバの主成分から生まれた天然のポリマー ポリグルタミン酸を配合し、洗顔後もつっぱらない肌をサポートします。 Deoxee モイスチャーソープ 20種類の天然由来成分を配合し、90日間熟成させた洗顔石けん。キメ細かく弾力ある泡が、澄んだ透明感のある肌に洗い上げます。保湿力に優れ、洗顔後の肌もつっぱりません。 もずの魔法石鹸 アトピーや乾燥に悩む、デリケート肌にも使用できる合成界面活性剤不使用の石鹸。もずくのヌルヌル成分(高分子フコイダン)が絡み合って作られたもちもちの泡が、肌の潤いは残しながら、汚れだけを落として優しく洗いあげます。

敏感肌の基礎知識

敏感肌とは?

敏感肌とは、少しのきっかけで肌トラブルを起こしやすい肌の状態を言います。敏感肌の人の皮膚は、角質の水分保持能力が低下しており、皮膚表面の皮脂膜が充分でないため外部からの刺激に弱くなっています。

敏感肌の種類と主な原因

敏感肌になる原因は人によって様々ですが、考えられるものとしては、体の内側から起こっているとされる内的要因と、体の外部からの刺激から起こる外的要因の2つに大きく分けられます。

季節的に敏感になる原因

季節の変わり目に「なんとなく肌が不調」「肌が荒れやすい」という人は多いのです。化粧品を探す時に「敏感肌用」という文字に惹かれるものです。

年齢によっての敏感肌

30代を過ぎて、肌に変化が起こりやすい原因の例として、出産後や婦人科系の病気によりホルモンバランスが乱れている時に敏感肌になる人もいます。

敏感肌の改善方法

敏感肌の多くは、セラミドが不足している状態であることが分かっており、セラミドの働きを補うことが必要です。こちらでは敏感肌の改善方法に関するご説明をしていきます。

敏感肌の洗顔・クレンジング

過剰な洗顔や刺激の強いクレンジング剤などの使用によって取り去られてしまうと、肌が乾燥して少しの刺激にも敏感に反応するような肌になってしまいます。

敏感肌のスキンケア方法

敏感肌のスキンケアでは、保湿効果のある成分が入った化粧水でじゅうぶん保湿をすることなどが大切となってきますので、詳しく見てみましょう。

敏感肌のUV・美白ケア

紫外線から肌を守るために、UV・美白ケアは重要ですが、なかでも敏感肌の方が気をつけたいUV・美白ケアの注意点をご紹介します。

オーガニック化粧品とは?

オーガニック化粧品とは、肥料や農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された、有機素材で作られた化粧品のことです。

敏感肌改善に効くセラミドとは?

敏感肌を改善するためには皮脂を増やし、角質層のセラミドの量を増やす必要があります。そこで活躍するの が、セラミド配合の化粧品です。

敏感肌に不向きな化粧品

刺激の強い化粧品には注意が必要です。敏感肌にはおすすめできない化粧品ついてお話しします。

アトピーとは?

アトピー性皮膚炎とは、先天的にセラミドの量が少ない人が多く、肌のバリア機能が低いため、様々な環境的要因が組み合わさって発症するといわれていますが、その詳細についてはまだ解明されていないことがほとんどです。

ゆらぎ肌とは

ゆらぎ肌とは、季節の変わり目など、急激な気温の変化や環境変化により、肌が敏感になることをを言います。ここ数年の間に出てきた肌タイプを表す言葉で、女性の間で急増しているそうです。

敏感肌のクレンジング選びのポイント!

敏感肌だと、洗顔やクレンジングが肌に合わないことが多く、乾燥したり、赤みが出たりすることもありますよね…。
そこでどんなクレンジングがいいのかと言うと、色々と試してきてわかったのは敏感肌にはオイルやアルコールなど、肌に負担がかかる成分が入っていないものを選ぶのが大事ということなんです!
特に、レポートにも載せているナチュラルエレメンツ モイストクリームソープは、
石油系合成界面活性剤・アルコール・合成着色料・合成香料・防腐剤・シリコン・
鉱物油、全てフリーなのに、しっかり汚れも落ちるのでオススメです!

▲ページトップに戻る